スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本学生美術展
zen1.jpg
今年初めての見学となる全日本学生美術展ですが、特に今回は東京都美術館の改修工事期間で会場が東京芸術劇場と狭く、会場に飾られる作品が厳選される厳しい審査でした。
毎年希望者数人が出して、一人二人が飾られていたのですが、今年21人が出品し飾られたのがわずか3人でした。
どれだけレベルが高い展覧会だと見に行きました。会場を見渡すと高校生作品は油絵がメインであるという事に気がつきました。うちは水彩画を多く出していますので素材的に画面が弱くなるのはよくわかります。後は想像以上に会場狭く、厳選だったのだなと感じました、作品を見ていると納得のレベルの作品も多かったのですが。中にはこれで飾られるんだ―と思わせる作品もありました。という事は審査基準にあれっ?て思わせる感覚が少なくともあるっていう事です。私の勝手な想像ですが、多くの学校から作品を飾りましょうという目線が審査に働いている気がします。しかし私の絵が飾られてもいいんじゃないかなって悔しい思いをする人がどれだけ多い事かと思う会場でした。
zen2.jpg下方向の鉄塔の絵は1年生の木村さんの作品。
zen3.jpgこちらも下で作業しているヘルメットの人が1年生の清水君の作品。
もう一人1年生堀越さんが飾られていましたが壁の写真を撮りはぐりました人がいたため。ごめんなさい。

大学卒展の後なのでお落ち着いたテーマの作品で観易かったです。
力の差は感じましたが。初めての全日見学残念ながら落選だった人もめげずに次に向かって行こう!


さらに棚澤がいいなーと感じた作品をばらばらと紹介します特に学校名や名前タイトルは載せませんがこのようなすばらしい作品がありましたーという事で。
zen4.jpg色がいいですねーzen5.jpgこれもきれいzen6.jpgしっかり描いてあってテーマが面白いですねー
zen7.jpg
この蜜蝋でしょうか、他の樹脂でしょうか、地が層になっていて、この技はうらやましいほど上手くいっている作品です。

このようなしっかりした作品を前にするととっても勉強になります。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。