スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉県美術展

5月から6月にかけて埼玉県立近代美術館にて開催された第62回埼玉県美術展
今年も部員は全員この言わば運動部が県大会に出場するような意気込みでのぞんだ。
6月2日見学に行ってきました。入選者12名会場で作品を鑑賞、美術室で観るのと美術館で見るのは印象が違う。他の人が描いた作品は質感があって、素晴らしい作品が目立ちます。今年は古風ですがやはり良い絵という作品を厳正に審査された気がしました。それでいて、受賞された作品は質感を保ちながらも新しい表現にも挑戦している現代思考の作品。
入選作品の中にもいくらかそういった新たな表現への挑戦を良しとしてくれた印象がありました。
この埼玉県美術展、高校生の目線になって考えた場合。運動部で言う県大会→文化部で言う県の展覧会。と言ってもよいのですが。埼玉県の県展は東京の公募団体にも出品するようないわゆるプロの画家さんや、絵画教室や学校の美術の先生が主に多数出品する。特に人口密度の高い埼玉は激戦です。ですから他県よりも入選するのは大変な事で、通常一般の入選率は3人に1人の水準です。これが大人の展覧会ですからノンキャリアの高校生が飛び込んで入選するのはよほど実力を見せつけなければという事なのです。
今年は22名出品し12名入選!なんと半分が入選することが出来ました。
毎年50号60号という作品を最も力を入れて制作して登竜門として県展に挑戦させていただいています。
本校美術部は今年で27年連続通算309人の入選者を出していますが、審査は毎年厳しく、
この長い歴史の中で県展での現役部員受賞者は未だに居ません。過去に高校生が受賞したという事も数えるほどあるようですが、毎年ではありません。
夢はこの展覧会での受賞。これからもがんばりたいと思います。埼2 [800x600]
入選者島田さんの作品です 古い家屋のどこか懐かしいような雰囲気がいいですね。
埼3 [800x600]
入選者小林さんの作品です 猫の日常を子供になった目線で切り取っている気がします。
埼4 [800x600]
入選者堀越さんの作品です 本当は見せる事のない寝室、でもここにある家族のぬくもりを描き表わしてみました埼1 [800x600]
入選者黒沢君の作品です 3.11後に街角で見つけた不思議な扉、時代が詰まっているようです。
紹介しきれませんが、しっかりと時間をかけて描いた力作が入選ました。
入選者たち!
埼5 [800x600]
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【埼玉県美術展】

5月から6月にかけて埼玉県立近代美術館にて開催された第62回埼玉県美術展今年も部員は全員この言わば運動

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。