スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロゴデザインをしました

本庄ファンクラブロゴタイプ完成品(°д°)_edited-1

本庄児玉を中心に立ち上げたNPO団体「本庄ファンクラブ」の活動が始まりました。本庄を好きになってもらいたい、本庄という土地の魅力を発見したい。
そしてたくさんの方に本庄を愛してもらいたい。と農業分野・歴史、伝統分野・芸術分野の3つを柱とし活動をスタートさせており、メンバーの中に元本庄第一美術部顧問
菅野先生がいることからつながりが出来たものです。
まだ始まったばかりの非営利団体ですから予算は少なく、でも盛り上げたいと、活動の主たるロゴデザインが必要という事で高校生に依頼が来ました。
こちらとしても、勉強になるので係わりを持って何度もデザイン案を出したり、要望を聞いたりと、実際にデザイナーさんが行う工程を高校生ながら感じ制作しました。
最終的に選抜されたのは、部長である武藤君の作品。
人の手がグーッド!と表現しているようで羽ばたく鳥の翼のようにも見え、カラフルな色には、農・歴史・芸術・市のイメージカラーを盛り込み シンプルに仕上げました。
実際に大人たちの会議で作品をプレゼンテーションするときはすごく緊張した面持ちでしたが、いざ完成し実際にHPや印刷物に使用されている様子を見て達成感を感じているようでした。
こうした小さな事ですが、地域の様々な人と係わりながらアートな勉強も出来るってとても良い形だと思います。
スポンサーサイト

埼玉県美術展2013

埼玉県展
埼玉県内最大の公募展「埼玉県美術展」が5月に行われました。県展1

近年毎年出品していて、本庄女子高時代から数えて29年連続入選、通算325名の入選者を出しています。
今年の入選者は16名、入選率は本校部員の中では約半数。美術展全体では3分の1しか入選出来ません。
この展覧会は大人の展覧会ですから、高校生出品者は少なく、その中で無名の学生が入選するのは非常に厳しい審査で残らなければなりません。
当然、絵画教室の先生や、学校関係、作家として生きる大人たちがたくさん出品する中での話です。
私は当たり前のように毎年入選している事が世の中から見て「別に普通じゃん」と思われがちですが。学生たちは想像を超える集中力で2カ月もの間自分の作品と向き合い、
途中何度も修正したり、時には悩んだりしながら1つの作品を作り上げる壮絶なドラマが繰り広げられている事を是非作品を見て感じとってほしいと思っています。
めんどくさい、飽きたなどは通用しない、一生懸命仕上げた自分の分身のような作品には一種の輝きが出てきます。
感動とときめきが無くなったら、表現活動は成立しないのです。
入選した皆さんおめでとう。そして惜しくも落選したメンバーは悔しさをバネに成長していってください。県展2
現在部長を務めている石田さんの作品です

第15回行田市美術展

行田市美術展
行田市総合体育館で2月に行われる行田市美術展は市民以外にも近隣の作家さんが出品することが出来る公募展です。
行田1
行田4
学生の出品は少ないですが、綺麗な展示会場なので毎年出させていただいています。
地元での展示はやはり、身近な人やご近所さんに足を運んでもらえるいい機会で、そして自分の身近にもこれだけ制作活動をしている人がいるのだという出会いと気づきを与えてくれます。
今年は遠いところでは秩父の学生も出品しました。もはや募集規模は県北展ですね。

行田2
黒澤君と谷矢さんの作品行田3
学生奨励賞に輝いた加藤君の作品

全日本学生美術展2013

全日本学生美術展
1月末に東京都美術館にて行われた全日本学生美術展を見学して来ました。全日9
この展覧内はサクラの系列団体全日本学生美術会が全国から学生の作品を募集する大会です。
毎年会場もそれほどおおきくないので厳しい審査ですが、その分飾られたという感動が大きい展覧会です。東京の大きな美術館に自分の作品が飾られるってすごくうれしいですよね。大きさは30号までとやや小ぶりですから、作品の密度や質感を工夫するのも大切です。
サクラ絵具といえば最近流行りのアクリル絵の具アムステルダムシリーズ発売元のターレンスジャパンのグループ会社ですね。100円絵具のイメージでしかなかったのですが、絵描きも大変ですが画材メーカーさんも厳しい中頑張ってくれているからこそ手軽に質の良い絵の具が使えるわけですね。中国製の激安絵具が出回る中最低限質を保った良い絵の具を買って便利な画材がいつまでも画材屋さんの棚に並ぶようにしたいものです。
全日1
全日2
全日3
全日4
全日5
全日6
全日7
全日8


卒展2012

卒業制作展
卒展1


2月に本庄市民文化会館ギャラリーを使って本校美術部・書道部卒業生による卒業制作展を開催しました。本校美術部は専門的に絵画制作を頑張っていますが
卒業する学生は必ずしも芸術分野への進路をとるわけではありません。ここが高校と大学の差なのではと思います。卒展2

美術大学でも卒業制作展を行っていますが、早めに就職を決めた者、修士課程への進学者、フリーター、など様々でしたがいずれもここまでやってきた美術の分野を存分に発揮して
展示に臨みます。しかし高校生のこの時期は、もちろん美大に進学する生徒もいますが、その他専門学校、他分野への進学、そして就職など様々で、何といっても進学先が出してくる課題が多い。
そんな中で展示の準備は少々きついのではないか。大変すぎるから高校の卒展はあまり行われていないのかもしれない。そう感じながら何とか展示を始めた3年前、卒業生の気持ち
で続けられ今年も無事に開催出来ました。
卒展4

去年卒業した学生も見に来てくれて、卒業後も頑張ってる様子でした。その中でも服のイラストデザインをしたという大熊先輩、製品として物を世に出すというのは規模が小さいにしろ大きいにしろスゴイ事です。大熊2
大熊1

みんな3年間の思いをそれぞれ胸に秘め、最後の集大成にしようとがんばりました。
足並みのそろわない中、これだけ面白い展示にするのは大変なことだったと思います。
作品は絵画的なレベルとしては決して高くはありませんが、そうした若さと勢いを感じる良い空間になったと感じます。
卒展3
会場風景卒展5
卒展6
卒展7
書道部も頑張っています。卒展8
3年生の共同企画で仮面をデコレーションして個性を発揮しました。
怪しいオーラを放つものや熊大好きな生徒もいます。卒展9
二階会場の様子

埼玉県高校美術展2012

埼玉県高校美術展
全国2
12月に北浦和にある近代美術館にて行われた高校美術展の様子をご紹介します。
美術館の一般展示室に集められた県内高校の選りすぐりの作品1000点あまりの中から毎年次年度の全国大会出場作を決めるのがこの展覧会となっています。
絵画だけで言えば約600点ある平面作品の中からわずか9作に絞られます。
その狭き門はとっても厳しいので毎年緊張する展示なのです。
今年は正直言って自信がありませんでした。 しかし結果を見て心配が一気に晴れた気持ちでした。
長崎への切符をつかんだのは島田さん その他、優秀賞、高橋さん、教育センター貸出作品に武藤君が選ばれました。全国9
インタビューを撮ってもらう島田さん
全国1
おめでとうございます。
今後も良い結果となるように頑張りましょう。

全国8
来年の全国出場を決めた島田全国7
繊細なタッチで細密に描いた加藤
全国3
どっしりとした質感を表現した黒澤
全国4
水面を見事に描写した武藤(県教育センター貸出作品)
全国5
生き物のような根っこを描いた谷矢
全国6
古びた店先の様子を描いた高橋(優秀賞)

クリスマス2012

クリスマス会が恒例行事になってキターーーーーっつ
さあ今年もやってきましたクリスマス美術部です。毎年クリスマスもデートではなくアートをしている美術部ですが。
今回もなんとなーーーーーんと!作ってしまいました。
クリスマス2
ババァーーーン!!

おいしそうと言うよりも、目だったもん勝ちみたいなケーキの数々。でも案外おいしい。
ちょっと息抜きしながらアートなスイーツ作りを楽しんだクリスマス会。
クリスマス1

さあ行け!リア充ならぬレア充体験をエンジョイだ!!
まあ、少し後味さみしいんですけどね。(笑)

クリスマス3

県北美術展2012(行田)

県北美術展
県北1

12月に行田市で行われた第55回県北美術展の様子です。埼玉県は人口密度が多いせいか埼玉県展は東京の中央画壇で戦うのとほぼ同じと思われるほど入選も難しい展覧会で活気にあふれています。
そしてそれだけたくさんの作家さんが県内に集まっているという事です。そのため発表の機会をさらに増やそうと、北部の美術家が開催する県北美術展なる展覧会が存在します。
一県の中で2個も大きな公募をやっている県は珍しいでしょう。
本庄第一美術部ではこの展覧会をもっとも身近な登竜門としてかれこれ30年以上出品を続けてきた歴史があります。今年は入選者33名とたくさん良い結果をいただきました。
絵を習う上で、多くのアドバイスをいただきながら成長できる事はとても身になる事だと思うのでこのような場は大切にしてゆきたいと考えています。来年もがんばりましょう。
入選者の写真(選抜)

県北1
県北2
県北3
県北4
県北5
県北6
県北7

2012群馬県展

群馬県展
群馬1
群馬3
11月18日~27日に群馬県立近代美術館にて行われた第63回群馬県展に、今年は多数の入選者を出すことが出来ました。というのも最近は群馬県から通ってくる部員も多くなり、群馬県民しか出す事の出来ない群馬県展に挑戦する人が増えたためです。
群馬県と埼玉県の県境だからこそこのような事が出来るのですね。それにしても県による方針の違いや、環境整備の違いも感じられます。
埼玉も群馬もがんばれー。
入選した学生の作品はこちら。
群馬4
群馬5
群馬7
群馬8

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。