スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートフェスタ開催中!

アートフェスタ2012
10月8日(月)より、国営武蔵丘陵森林公園にて始まった「森林公園アートフェスタ2012」に美術部は参加しています。アートフェス1

このイベントは武蔵丘陵森林公園紅葉見ナイト共催でアートフェスタ実行委員会のもと県内学校、施設団体、芸術家により公園内にある妖精の広場において作品展示がおこなわれています。アートフェス2

12月9日(日)まで開催していますが例年会期中に2万人を超えるお客さんが見に来てくださるイベントです。
今年は顔だし看板の立体版の「トンネルアート」という作品を美術部が作りました。
観客はこの穴から顔を出して記念写真を撮って楽しんでいただけます。
会場の様子を見に行くと今回大きく本庄第一美術部だ!と描いた面を見て本庄第一なんだーという反応が予想以上に大きいのに驚きです。甲子園などで確実に知名度が上がっているなと個人的には感じさせていただいております。
11月3日以降は「紅葉見ナイト」と言って夜8時30分まで特別開園し、紅葉と夜のイルミネーションライトアップできらめく公園を歩くことが出来ます。是非まだ見ていないという方は足を運んでみてはいかがでしょうか。アートフェス4
アートフェス3

スポンサーサイト

写生旅行IN片品

夏休み8月17日から19日までわが美術部は写生旅行に行ってきました。写生

今年は群馬県片品村という所、ここは尾瀬のすぐ下にある小さな村で、夏は冷たい空気が谷間を下って来るエアコンいらずの場所です。
泊まる宿は「ロッヂさんらいず」という所で、赤城や草津といった観光地の大型宿泊施設は様々な学校の行事や体育会系の合宿で夏休み中は予約満杯状態の中、常に受け入れをしてくださる大変便利で安い宿になります。水がきれいな山の谷間という立地条件から美術部では長年写生旅行でお世話になっています。写生2

山の天気は変わりやすいと言いますが、その通りで着いた時は晴れていましたが、お昼御飯を食べている最中にもう空が黒くなってきました。
今年は雨に降られる率が高かった。でもそのおかげで涼しかったですけどね。
今年の1年生はスゴイです。毎年女子は、虫、や日焼けを恐れたり、野外で描くことを嫌うタイプが多いのですが。今回は初日からしっかりと外に出て景色を眺めて描いていました。天気がちょうどよく曇ったり雨だったためそこまで日焼けの被害は無かったですが、炎天下が続くと普段インドアの美術部は大変です。ほどほどにしましょう。
そんな中棚澤は現場に足を運び、3年前に描いた場所をリベンジで描きました。写生5

写生旅行で描くのはやはり景色が良い場所に来ているので風景画になりますが、この場所選びが人それぞれで面白いんです。古びた建物を描く人、草木など自然物を描く人、水の流れを描く人、泊まった建物を描く人。テーマは様々ですが、僕は片品らしさを描きたいと思い廃業した旅館を中心に現在の片品の光景を描いてみました。
最近は他に土合と立科に行きましたが、距離的にはどこも同じくらいでそれぞれの場所によってまた違う風景を目にすることが出来て楽しいですね。
来年は土合を予定しています。お楽しみに!
写生3
そして夜はバーベキューや花火をして夏を感じました!
写生4
描いた作品はこれだ!
写生1

全国高等学校総合文化祭とやま2012の報告

8月8日照りつける日差しが熱い中、我々本庄第一代表生徒はとやまに向かっていた。富山1

富山県といえば言葉では聞くけれども場所がいまいち想像できない。
ルート検索をしてみると案外近いように見える。しかし北陸は遠いのだった。
新幹線、続いてほくほく線を乗り継ぎようやく到着した富山駅は想像していたよりも小さな駅だった。街に出てみて一番最初に目についたのが路面電車。
他の街のバスよりも多く市内を散策するにはうってつけの移動手段だ。富山3

駅の北側は特に区画整理が進んでいて新しい雰囲気のまち作りが出来ていた。
最初にホテルに荷物を置かせてもらい、さっそく美術・工芸部門の開会式を見学しに向かう。少し道に迷いながら着いた建物は少し狭かった。例年それなりに大きな会場なのだが富山には大型施設がたくさんないという事で、主催者側の準備が大変だったんだろうなと思う点だった。
会場では伝統芸能が披露された。開会式はえらい人が挨拶したり、開催地生徒代表が挨拶したり、来年の開催県の発表が行われ、その後地元にゆかりのある芸術家「金沢美術工芸大学教授 木下 晋」を講師に迎えて貴重なお話と、高校生の作品に対して講評をお話してくださった。興味のある人は調べてみてね。
そんなことで1日目は夕方に。
まだ帰るには早いという事で美術・工芸部門の展示会場を見学。富山2

全国の高校生の発想力はいつ見ても面白い。こんなことやってる人がいるというやられた感は下手な公募展を見に行くよりも衝撃が強い。
さてこの調子で書いていると文字数がとんでもないことになりそうなので、若干短くして。
寝ました・・・
迎えた2日目は
交流会です朝から埼玉県代表者で集まろうと聞いていたのではりきって会場に移動。
しかしなかなか来ない。待ちくたびれたころようやく集まり埼玉陣営で記念写真。
そして交流会が始まった。富山県立近代美術館でまず「世界ポスタートリエンナーレトヤマ2012」という展示を見学。なぜか富山は世界中の売れっ子デザイナーがその表現とセンスを競う熱きポスター展示を長年続けていると知ることが出来た。美術館内は撮影禁止、参加者以外立ち入り禁止と制限きつかったなー。
常設展も見学させてもらい、美術館を一通り見たら移動して風鈴の短冊作りが始まった。
各県ご当地の特色を活かして作っていました。富山5

午前中はこれで終了。
お昼御飯に富山ブラックという気になるラーメンがあったので食べてみた。
うーん、実は交流会の時に地元高校生に聞いてみたのだが、、、富山ブラックは地元の人そんなに食べないと言っていたが。食べてみて個人的には、うん、まあ、経験かな。
さてこの日の午後は市内を自由に観光してみた。お城跡が資料館になっていたり、美術館があったりしたのでそのあたりをぶらぶら。そしてもう一度しっかりと美術工芸部門の展示を見学しこの日を終えた。富山4

ホテル前に戻るとにぎやかな雰囲気。パレードが行われていた、吹奏楽や、マーチング、バンドが駅前通りを行進。例年は場所が違うなどで他の部門のイベントを見学出来なかったのだが今年は全国大会来たぞ!という気分になりました。
最終日
この日は日本海を見に行ってみようとライトレールに乗って海岸まで移動。
名物の白エビと古い町並みが残る岩瀬浜を散策しお昼前に富山駅に戻った。
帰りの電車まであと少し時間があるので、器楽・管弦楽部門の演奏を見学。
その後帰ってきました。
全国大会はやはり大きなイベントです。北は北海道から南は沖縄まで各県から代表生徒が集結しているのですから、全部門では何人なのでしょう。
とにかく。埼玉県から毎年絵画では9名が選ばれます。来年は選ばれるでしょうか。
がんばって出場記録をつなげましょう!

ミューズフェスタIN秩父

吹奏楽部を中心として文化部やダンス・チアリーディング部が協力して催すミューズフェスタが今年も6月に行われました。
ミュー6 [800x600]
この企画は本校吹奏楽部が秩父周辺の吹奏楽部に力を入れている中学校と一緒に演奏会を催すことから始まったものです。秩父では中学校でも吹奏楽部が盛んで本庄第一高校のハイレベルな吹奏楽部を知ってもらうとともに一緒に演奏する楽しみも味わってもらえるというわけです。その会場がミューズパークにある音楽堂でほぼ毎年のように開催されており、そこに美術部書道部が展示をしたり、茶道部がエントランスでお茶を入れたり、ダンス部とチアリーディング部も舞台発表したりと、本庄第一高等学校の部活ってどんな事が出来るの?という方にとってはここに参加していただければ一挙に観覧できる催しとなっております。ミュー3 [800x600]
ミュー4 [800x600]
最近では書道部も舞台上でパフォーマンスしたり盛り上がりを見せています。ミュー5 [800x600]

是非来年も御参加下さい。
美術部は県展入選作を中心とした大きな作品を展示しました。
秩父ミューズパークは敷地も広く家族連れで休日はにぎわいます。例年私たちも見学していいんですか?というお声がありますが、どなたでも無料で見学できますので是非6月の中旬ごろは町に貼られるポスターに注目して下さい。ミュー1 [800x600]

チアリーディングは甲子園の応援も炎天下の球場で笑顔で踊りきる元気なメンバーです。
ダンス部は益々盛り上がっています。特に今男子部員を中心にアクロバティックな技を繰り出します。書道部はパフォーマンス書道のブームにのってもはや地味な書道という印象は全くありません。吹奏楽部は全国レベルを意識したとっても厳しい練習をしています。学校法人塩原学園本庄第一高校の歴史をしょって茶道部は作法を重んじた活動をしています。もちろん美術もがんばりますよろしくね!
ミュー2 [800x600]

ブログ更新について

すみません更新が途絶えてましたがこれからまた夏から冬に至るまでの
2012後半の記事をアップしてまいります。
みなさん注目!

美術部は最近県北美術展に向けてそして来年の全国高等学校総合文化祭出場権をかけた埼玉県高校美術展に向けて
準備を進めています。
どうなるものか、とにかくがんばるしかない!

後ご期待です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。