スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年度3年生 卒業制作展のご案内

3年生は卒業間近となってきました。今年もがんばって
卒業制作展を催します。是非たくさんの方にお知らせいただいて、展示が盛り上がるようよろしくお願いします。

2013年度本庄第一高校美術部・書道部卒業制作展
日程:2014年2月15日(土)~2月16日(日)
時間:9:00~19:00 16日は17:00まで
場所:本庄市民文化会館ギャラリー
IMG_0001のコピー
スポンサーサイト

本庄第一高等学校主催第21回中学生作品コンクール

今年も公募中!
今年も本庄第一高校主催中学生作品コンクールを開催いたします。中2 [800x600]

正直なところ予算も無く地道な努力で本庄第一高校の美術部と書道部で実施してきました。
しかし年々回を重ねるごとに地域の中学校さんから多数の作品を出品していただけるようになりました。今回で早くも21回目の公募です。この企画はもちろん、生徒募集の一環ですが、それ以上に地域の芸術ネットワークとなってくれたらなと感じております。
つまりは。We Love○○とかアート○○や大型企業の募集する展覧会は賞品も良く魅力があるでしょう。実際に多くの学校さんが夏休みの課題として宿題としています。
ここで北埼玉~群馬県南西部の皆さん!良くお読みください!!
私たち本庄第一高等学校の文化部は全国的に見ても数少なくなりつつある専門的な分野での活動に力を入れております。書道や美術もその一つで、運動部で言えば野球や剣道など全国レベルを強く意識した活動を本気で頑張る学校です。
埼玉北部、群馬南西部を見渡してみても数ある高校の中でめずらしいでしょう。
そんな本校の文化部はここを一つの拠点として中学校の生徒や先生方にも交流できる場としたいと考えています。見学に来たいと言われればOK。一緒に制作しませんかと言われれば、企画を考えます。その入り口としてまずこの公募展に出品していただき、中学校と高等学校がより身近に感じられればと思うのです。
さらに言うと身近な地域で張り合いのある大会と考えていただきたいと思います。
中学校の先生方も忙しく、うちの作品なんて出してもしょうがない、非常勤だから、部活が無いからなどの理由で出さない学校が特に美術部門では多くなってきています。
ご安心ください!最近は少人数の出品でも団体賞(学校賞)が獲れるように出品票が変わりました。少ない作品数でも先生方の選抜で勝負をかけてください!
全国展では難しいでも埼玉県北部と群馬の一部のエリアで自分はどんなレベルの作品を描いているのか、実際に本庄市民文化会館で入選作品を展示しますので、飾ってあるところも観ていただけます!(良くあるパターンは後で先生から賞状だけもらうパターンこれ生徒は全然実感わかないんだよねー)
というわけで今年も謹んで開催いたします。そして嬉しいことに
埼玉県知事賞が出せるようになりました!埼玉県芸術文化祭2012協賛事業として運営させていただきますのでお近くの学校さん是非今年は頑張ってください。中1 [800x600]

また、まだこんな展覧会知らないというそこのあなた!本庄第一高等学校に電話して資料を請求だ!
連絡先(学校)0495-24-1331美術担当棚澤まで。

美術部1日体験入部会のお知らせ

1日体験入部実施中
中学3年生も進路を気にしている時期ではないでしょうか!
絵を描くのがとにかく好きなら本庄第一高等学校に遊びに来てください。
中学生の皆さんも高校生と一緒に絵を描いてみませんか?
体験入部会を以下の日程で予定しております。どしどしご参加ください。

体験日迫る!
10月22日(土)
11月19日(土)
いずれも朝8時から9時まで受け付け。本庄第一高校まで来てください。


たいけん1 [640x480]

たいけん2 [640x480]

たいけん3 [640x480]

体験入部の予定

本校美術部ではこの秋体験入部を引き続き行います。
日程は以下の通りです
10月22日(土)
11月19日(土)
詳しい参加方法は学校ホームページをご覧ください。↓
http://www.honjo-daiichi.jp/

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

公募展をします!

ポスター原案 コピー [640x480]
第20回記念中学生作品コンクール
作品募集中
早いもので書道と美術合同で近隣中学校から作品を募集する、本庄第一高等学校中学生作品コンクールは今年20回目の開催となります。
最初は学校の体育館でスタートしたこのコンクールですが、今は本庄市民文化会館の白い展示空間で行われています。毎年応募作品も増え、書道部門は700点を超える作品が寄せられるまでになっています。美術部門は他にも夏休み制作に適した展覧会が多く、なかなか作品数が増えませんが、ここ2年徐々に増えてきています。
確かに大きな企業が企画するコンテストには見劣りしますが、もっとローカルの大切さもあると思います。身近な高校の先生はどう評価するのか、近隣の中学生はどのような絵を書くのか、学生にとっては実際に足を運んで展示を見れる事はうれしいはずです。
そして大企業には負けないのがしっかりと講評会(審査講評トーク)をするという所に力を入れています。
文部科学省から賞状をいただいた、その肩書だけで終わるのではなく。
本庄第一高校の先生はこう感じたんだという詳しい意見を聞いて表彰される。
勉強になる方はどっちでしょうという勢いで開催したいと思います。是非
奮って中学生のあなた!ご出品ください。搬入用紙は本庄第一高等学校美術部までお問い合わせください。0495-24-1331
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。